小説

Category
並べ替え
自殺物語

自殺物語

「ねぇ、どうしてくれるわけ?」  少女は、白けたと言わんばかりのジト目を僕に向けてくる。  僕は気まずくて目を逸らした。  どうして、あの時僕はーーー      ーーー 深夜、ひっそりと家を抜け出した。  死のうと思った。  静かで、星が瞬いている夜だった。  歩き出すと、様々な事が思い起こされた。...
63 PV